〈NEW!!〉平成29年度(後期)のシラバスと募集要項をアップしました!

平成29年度(後期)琉球大学サテライト・イブニング・カレッジ

平成29年度(後期)の募集要項はこちらから  履修証明プログラムについてはこちらから

【後期日程(10月~2月)】スケジュール  

申込期間 平成29年9月1日(金)~9月29日(金)
受講決定通知 平成29年10月3日(火)

1. RSECとは

産業支援センター小会議室琉大コミュニティキャンパス事業本部では、平成25年度に採択された「地(知)の拠点整備事業」の一環として、県内の産業界や各企業及び各種経済団体との固い結びつきの利点を活かしながら、那覇市に琉球大学サテライト・イブニング・カレッジ(以下RSECと記す)を設置し、本学と社会のニーズに適う教育サービスを提供しています。

RSECで提供する講座は、産業界のニーズを充分に把握し、それに適う実践的・応用的なカリキュラムを用意しており、各企業及び機関から社員や職員を受講生として受け入れることが可能です。また、講座スタイルは、原則的にPBL(Project/Problem Based Learning)と呼ばれる課題解決型学習法を採用しています。具体的には、グループワーク、ロールプレーイング、ケース・スタディ、ディスカッション、プレゼンテーション等の学習方法を用いることにより、教えられる受動的な学修だけではなく、自ら考え行動し成果をあげる人材に成長させることを主たる目的としています。

BP×地方創生ロゴデータ(大)また、平成27年度後学期から履修証明プログラムを導入し、プログラム毎に養成する人材をより明確化することとし、修了要件を満たした社会人履修者には学校教育法第105条に基づく「履修証明プログラム」の修了認定を受ける事ができます。更に、平成28年度からは、本プログラムが大学等における社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的な課程として文部科学大臣より「職業実践力育成プログラム」(BP:Brush up Program for professional)として認定をされました。

履修証明プログラムについてはこちらから
このような趣旨でRSECを開講しますので、一人でも多くの方々にご参加いただき、大いに学問を楽しんでいただきたいと願っています。

2. RSECの基本理念と今後のテーマ

RSECの基本理念と今後のテーマRSECの教育目的は、本学が目指す「地域特性と国際性を併せ持つ大学」の一機関として、沖縄及びアジア太平洋地域の観光に焦点をあて、観光学と経営学の両輪から、理論と実践の融合を目指し、国際的に通用する実践型人材の育成を目指すことにあります。また、本学部は持続可能な観光と地域振興を基本方針に据えながら、地域に根ざし地域とともに発展する大学として、あらゆる産業に対してその学術的成果を還元し沖縄経済社会の健全なる発展に寄与することを目指しています。

今後のテーマとして、産学官の共同体系をさらに強化し、高度職業人の養成及び社会人のリカレント教育の場として、その機能を充分に発揮し、本学部の研究と教育の成果を地域社会に還元する(COC=Center of Community:知(地)の拠点)を確立することを目指しています。

3. RSECの教育目的

RSECの教育目的本構想(琉球大学サテライト・イブニング・カレッジ)は、産業界のニーズに対応する教育内容と教育方法の改善と講座の提供及び本学部のニーズに適う実践的・学際的教育システムの強化に焦点を当てています。具体的には、観光経営・観光産業の振興を中軸としつつも、沖縄経済社会全体のニーズを尊重し、あらゆる産業に対して、「地域再生」「地域活性化」「地域興し」につながる実践的かつ応用的な学問的成果を社会に還元することこそが本構想の究極的な目的です。

前述した基本理念と教育目的に基づき、RSECでは、以下のような特性を有する人材を育成することを目指しています。

①高い倫理観を有し持続可能な社会の実現に貢献できる人材。
②高度な専門性と幅広い教養を併せ持ち,総合的な判断を下すことができる人材。
③地域社会の発展に貢献しうる実践的マネジメント力を行使できる人材。
④国際感覚と外国語運用能力を身につけ,国際社会で活躍できる人材。
⑤理論と実践の融合を目指し真実を追究できる人材。

4. 講座及び担当講師

経営管理特殊講義Ⅵ
授業内容 起業家の立場から起業家のマインド・行動原理・環境適応能力等に焦点をあて、グループワークを加えながらアントレプレナーシップの実践的本質について学ぶ。
担当教員 饒平名 知也 初回講座 10月6日(金) 備考
マネジメント応用論
授業内容 マネジメント論(経営管理論)をベースに、組織における人間行動ならびに管理の本質を、理論と実践の関連性を踏まえて解説していく。
担当教員 牛窪 潔 初回講座 10月14日(土) 備考
ドラッカー経営学の輪読講座:後期
授業内容 ピーター・ドラッカーの主著である「現代の経営・下巻」及びドラッカー理論に関する参考文献の輪読を行い、ドラッカー経営学の本質を学ぶ。
担当教員 牛窪 潔 初回講座 10月7日(土) 備考
マーケティングの要諦と実践ビジネス・プランニング
授業内容 前期で体得したビジネス思考やツール等を駆使し、マーケティングの知識も加えながら実動可能レベルのビジネス・プランニング立案能力の育成を目指します。
担当教員 仲谷 康 初回講座 10月14日(土) 備考

5. 時間割(後期)

*祝祭日は休講になります。講座日については、担当講師よりシラバスをご確認ください。

【金曜】

6限目
18:00〜19:30
経営管理特殊講義Ⅵ
【饒平名】

【土曜】:隔週・連続開講 

3限目
13:00〜14:30
 マネジメント応用論
【牛窪】
ドラッカー経営学の輪読講座:後期
【牛窪】
4限目
14:40〜16:10
5限目
16:20〜17:50
マーケティングの要諦と

実践ビジネス・プランニング
【仲谷】

6限目
16:20〜17:50

「マネジメント応用論」と「ドラッカー経営学の輪読講座:後期」は別の週に開講します。

 

6. 社会人の修了要件について

単位制および社会人の修了要件と一般学生の卒業要件について同一講座(前期・後期)を修了した受講生に対して修了証を授与します。(例:マネジメント実践論:前期+マネジメント応用論:後期)
なお、上述した修了証は、履修証明プログラムの履修証明書とは異なりますのでご注意ください。履修証明プログラムについては、「12.RSEC履修証明書プログラムについて」をご覧ください。

「企業経営とコンプライアンス・リスク管理の実務」の講座については、修了証書授与は対象外となります。

履修証明プログラムについてはこちらから

 

 

7. 受講場所

map_naha琉球大学サテライト・那覇キャンパス
那覇市牧志駅前ほしぞら公民館
(住所:那覇市安里2-1-1)

8.募集人員

定員は各クラスそれぞれ20名程度となります。

 

9. 社会人受講生の応募方法について

社会人受講生の応募方法について
本サイトの応募フォーム(下記)から応募するか、若しくは下記の応募用紙(様式1及び様式2)をダウンロードし必要事項を記入の上、次項14の申込み郵送先に提出して下さい。
なお、応募フォームによる申込み及び郵送(必着)の応募締め切りは平成29年3月31日(金)(必着)となります。また、応募フォーム又は郵送による申込みのどちらとも、必ず1科目毎に受講目的(400〜500字程度)の送信又は提出が必要となりますので、ご注意ください。

様式1 応募用紙をダウンロード (word文書)

様式2 レポート用紙をダウンロード(word文書)

宛先:koukai@to.jim.u−ryukyu.ac.jp

10. 受講決定について

RSECの教育目的
受講申込数が定員を超過した場合等にご送付いただいたレポートの内容を担当教員が厳正に審査した上で受講生を決定させて頂きますので、ご了承ください。決定後、各応募者に受講の可否をお伝えします。

11. 受講料(平成29年度後期分)について

受講料は、無料となります。
これまで受講料については、運営に係わる経費の一部を受講生に負担して頂いていたため、有料としていましたが、平成29年度は、那覇市のご協力を頂き、琉球大学サテライト・那覇キャンパス(那覇市牧志駅前ほしぞら公民館)において開講することができ、また、より多くの方に受講をしていただけるよう試行的に受講料を無料と設定しています。なお、平成30年度以降の受講料金額については、変更する場合がありますのでご了承ください。

12. RSEC履修証明プログラムについて

①RSECでは、設定された修了要件を満たした社会人受講生の方に対して、学校教育法第105条に基づく「履修証明プログラム」の修了を認定いたします。履修証明プログラムとは、体系的な知識・技術等の習得にあたり総時間数120時間以上の学修を修了した者(主に社会人)に対して修了を認定するものです。また、平成28年度から本プログラムは、「職業実践力育成プログラム」(BP)として文部科学大臣より認定され、本プログラムの認定を受けることで、RSECでの学修を学修履歴として公的に証明し、職業キャリア等に活かすことが可能となります。

ロゴ単体「職業実践力育成プログラム」(BP)の認定についての詳しい情報は、文部科学省のサイトよりご確認ください。
RSECでは、「経営分析・ファイナンス・マクロ環境分析養成プログラム」、「実践的マーケティング・課題解決技法養成プログラム」、「人のマネジメント・リーダーシップ養成プログラム」の3つの履修証明プログラムを提供いたします。各プログラムの詳細については、以下の(1)および(2)をご覧ください。なお、各履修証明プログラムにおいて提供される科目は、年度・学期によって開講状況が変動することがありますので、ご了承ください。履修証明プログラムの履修を希望される方は、別途申請が必要となります。詳しくは(3)および(4)に記載していますので、希望される方は必ずご確認ください。

(1)履修証明プログラムの紹介
【1. 経営分析・ファイナンス・マクロ環境分析養成プログラム】
本プログラムでは、財務諸表、日本経済新聞、経済情報誌等の読み方、分析の仕方、活用の仕方を学び、企業活動とその成果をアカウンティングとファイナンスの枠組みで考察する。具体的には、会計情報公開の意義と役割、財務諸表に基づく経営分析、企業の儲けの仕組み、企業の数字に関わる意思決定、資産と投資のアカウンティングアプローチとファイナンスアプローチの方法等を学んでいく。加えて、日経新聞の活用方法に着眼して、経済、経営、政治、金融といったそれぞれの事象を計量的な数値で捉え、その背景と原因さらには将来的な方向性を定性的に説明できる能力を養成する。
(構成科目)
①中小企業経営論(マクロ環境分析) ②財務管理論・基礎 ③財務管理論・応用 ④経営管理特殊講義Ⅺ(ビジネス・アカウンティング基礎)
⑤経営管理特殊講義Ⅻ(ビジネス・アカウンティング応用) ⑥経営管理特殊講義Ⅲ(日経新聞活用講座・基礎)
⑦経営管理特殊講義Ⅳ(日経新聞活用法応用)



【2. 実践的マーケティング・課題解決技法養成プログラム】
本プログラムでは、企業におけるマーケティングの重要性とその役割を体系的に習得することにより、企業が直面するマーケティング上の問題を的確に把握し、原因を分析し、対策的な方向性を提言できる人材を養成する。さらに事業経営において必要なビジネスのWill(意志・思考力)とSkill(技能・方法論)、さらには相互の関連性を学ぶことにより、政策立案能力および戦略策定能力の向上を図り、ビジネスの現場や自治体の現場で発生している問題や課題を効果的に解決することができる人材を育成する。

③(構成科目)
①経営管理特殊講義Ⅴ(マーケティング実践論)
②経営管理特殊講義Ⅵ(起業家行動論)
③経営管理特殊講義Ⅶ(マネジメントに必要なビジネス思考×基本ツール×運用力)
④経営管理特殊講義Ⅷ(マーケティングの要諦と実践ビジネス・プランニング)
⑤経営管理特殊講義Ⅸ(PBL戦略策定講座基礎編)
⑥経営管理特殊講義Ⅹ(PBL戦略策定実践講座応用編)
⑦中小企業のマネジメント特論(ドラッカー経営学の輪読講座:前期)
⑧広告論

 

 【3. 人のマネジメント・リーダーシップ養成プログラム】
②ニライカナイ橋人的資源管理論、組織行動論、マネジメント論をベースに、人的資源の効果的な活用と育成、組織における人間行動ならびに管理の実践的本質を理論と実践の関連性を踏まえて学ぶプログラムである。本プログラムは、人のマネジメント及び組織のマネジメントのフレームワーク及び思考方法を通じて、企業が実際に直面する様々な課題や問題を、論理的かつ体系的に分析し、課題の達成ならびに問題の解決に向けた自身のオリジナリテイを提言することができる人材を育成する。
(構成科目)
①マネジメント実践論 ②マネジメント応用論 ③人的資源管理論基礎
④人的資源管理論応用 ⑤経営管理特殊講義Ⅰ(ライフプラン概論・基礎)
⑥経営管理特殊講義Ⅱ(ライフプラン概論・応用)
⑦中小企業発展特論(ドラッカー経営学の輪読講座:後期)
⑧中小企業発展論

(2)履修資格と修了要件
(履修資格)
・沖縄の「地域再生」・「地域活性化」・「地域興し」への貢献を望む者
・学則第25条に規定する本学への入学資格を有する者(高校卒業程度の水準)
(修了要件)
・成績が、「合」(A、B、C、D)の評価の受講生
・上記構成科目の学修上記構成科目の成績が、「合」(A、B、C、D)の評価を得ること

(3)履修証明プログラムの申請の手続き
下記の提出書類様式1【応募用紙】及び様式2【応募レポート用紙】に加え、様式3【履修証明書プログラム履修申請書】および【履修資格を証明する文書(最終学歴の卒業証明書等、高等学校卒業程度の水準以上の能力を有することを証明する書類)】を添えて、琉大コミュニティキャンパス事業本部へご提出ください。また、様式1~3は、応募フォームより申込も可能です。

②授業風景

*提出書類*
(申請希望の場合)
・様式1【応募用紙】*申請希望にチェック  様式1をダウンロードする
・様式2【応募レポート用紙】      様式2をダウンロードする
・様式3【履修申請書】          様式3をダウンロードする
・履修資格を証明する文書

申請済みの場合でも、他のプログラムを新規で申請する場合は、履修証明プログラム申請書(様式3)が必要になります。

(4)履修証明プログラムの修了認定について
履修証明プログラムの修了認定は、履修者が当該の履修証明プログラムが設定する修了要件を満たした学期末に行います。履修証明プログラムの修了認定を受けた方には、後日「履修証明書」が授与されます。なお、履修証明プログラムの認定(履修証明書の発行)にかかる料金は無料で、履修証明プログラム履修申請以外の手続きは発生しません。

 

13. 問い合わせ先について

 ○琉大コミュニティキャンパス事業本部○

TEL:098-895-8085

郵送先及び応募フォーム
○国立大学法人琉球大学 琉大コミュニティキャンパス事業本部○
〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地

○応募フォームはこちら○

氏名 (必須)
ふりがな (必須)
性別 (必須)
生年月日 (必須)
年齢 (必須)
郵便番号 (必須)
〒郵便番号検索
住所 (必須)
電話番号(携帯可) (必須)
職場名
勤務先住所
勤務先電話番号
メールアドレス (必須)
受講希望講座 (必須)

レポート※必須
(400〜500字程度)
※複数の受講希望講座がある場合は、それぞれの受講講座とレポート(受講目的)がわかるように入力をお願いします。
応募レポート用紙
ファイルアップロード
※ファイル名は半角英数字にしてアップロードしてください。
履修証明プログラム (必須)
*履修証明プログラム申請書(様式3)も併せて提出してください。
*他のプログラムを新規で申請する場合は、履修証明プログラム申請書(様式3)が必要になります。
履修証明書プログラム
履修申請書のアップロード
※ファイル名は半角英数字にしてアップロードしてください。

to Page Top

Copyright © 2017 RYUDAI COC All Rights Reserved.